スピーチ その作成法と実例集

人前での話し方 あがり症 心の交流 学びの場


只今リニューアル中です。

スピーチであれ、日常会話であれ、話すとは自分の持っている知識、知恵、経験、考え、思い、気持をすなおに語ることなのです。
無理せずそのままの自分を表現した時、人の心にひびきます。

スポンサードリンク

結婚披露宴 挨拶 スピーチ 不安なあなたへ 3ステップ練習法

スピーチで最も大切なこと

スピーチがうまくいく時とそうでない時の決定的な違いがあります。それは自分が何を言いたいのか明確につかんでいるかどうかです。
自分が何を言いたいのか曖昧のままの話し方ですと、聞いている方にはなおさら話が伝わりません。

大切なのはスピーチを始める前に、自分が何を言いたいのか確認をしておくことです。自分が一番言いたいことを、あらかじめ30文字くらいにまとめておくといいですね。30文字くらいですと自分でも覚えやすいですし、聞く人にもスッと伝わっていきます。それがスピーチ作成法のかなめです。

【サイトのご案内】

スピーチの基本 朝礼のスピーチ
朝礼の話 結婚式のスピーチ
葬儀の挨拶 挨拶のまとめ方
スピーチ アドバイス スピーチの実例
有名人のスピーチ スピーチ 話題集

スピーチの心構え
話すことは本来楽しいはずなのに、なぜか話すことにプレッシャーを感じる人が多いですね。特に人前でのスピーチとなると、ほとんどの人が苦手意識を持っています。
小さい頃から比較社会、競争社会のなかにいますから、話すという行為のなかに、「よく思われたい」「失敗したくない」「自分を見すかされたくない」などといった余計な思いが入っているからです。
こうした心の構えが人前で話すことへのプレッシャーのかなりの部分を占めます。

よけいな心の構えをとるというのは、出来る限り素直な、飾らない、そのままの自分を出すということです
話からよけいな力みをとると、ずいぶんと楽になります。
自分の知性をひけらかしたり、「どう、いい話でしょう」といった気持ちがにじみますと、そのスピーチは失敗します。
確かにその場では「よく出来た」と自己満足しますが、そうした話し方がスピーチへのプレッシャーとなっていきます。

無理のないそのままの自分を語ることで、話す本来の楽しさを取り戻すようになります。人は自分を表現することが楽しいのです。
にごりのない純粋な表現ができればいっそう楽しいのです。

話す楽しさは、そのままの自分を語ることから生まれます。
スピーチをする心構えは、自分の持っている知識、考え、思い、経験を素直に語るということに尽きると思います