スピーチ その作成法と実例集

人前での話し方 あがり症 心の交流 学びの場

有名人のスピーチ2
【Ⅱ】

本田宗一郎 高田敏子 (詩人) 大来佐武郎 (元外務大臣)
宗次郎 セヴァン・スズキ (子供環境運動家)

本田宗一郎

【入社式に於いて】

  私はどんな場合にも自分の体験を通して肌で感じたことしか話せないので、本日もその点は、ひとつわかってもらいたいと思います。

さて、私の子供時分は、家に新聞をとって読んでいる人も少なく、ニュースはおもに口伝えで聞かされましたから、そこにはかなりの時間のズレがありましたし、もちろん、自分の目や耳で確かめ得たものではありませんでした。

しかし、いまはスピードがすべての世の中です。電話や新聞、テレビなどの通信網の発達で、世界各国の情報が居ながらにして入手することも、現場の情況をそのまま見ることもできます。
アメリカへ行こうと思えば、十時間でいけます。また、必要な情報は、コンピューターにちゃんと入っていて、プログラムさえしっかりしていると、答えが出てくる。


  ところがです。時代はこれだけ変わっても、変わらないのが学校教育なんですね。いまだに教わったことをどれだけ暗記しているかで、そのひとの人間的な価値を判断するのです。こういう時代にはたして何でも憶えている必要があるんでしょうか・・・?

昔は、電気というと、「灯く」「鳴る」「回る」、それぐらい憶えていればどうにかなりました。しかし、今は、電子工学だけで何千種類もあって、そのなかの一つを憶えるのだって大変だし、仮にそれを全部知っているということは、逆に何も知らないということにもなるんです。学校の先生だって専門に分れて教育を受けているのに、子供たちに全部憶えろというのはおかしいね。

むしろ、今の時代に求められているのは、知らないことは他のひとに教えてもらえる謙虚な人柄です。いうなれば、道徳的な人間を作ることが一番大事だと思います。

他人から教わるには、何よりまず他人から愛される人間にならなければなりません。そのためには、相手との約束を守るということも愛されるうえで大切なことです。そういう意味で、今の学校は、人間が生きていくうえで必要なことを、ちっとも教えてくれないようだ。私の場合、私にそれを教えてくれたのは父親でした。

それに学校で教わることは過去のことです。われわれが本当に知りたいのは未来なんです。そのために、便宜的に、過去を教わっているにすぎません。そして、教わったことは実践するときの道具にしかならない。大事なのはその実行力です。

知恵のあるひととは、単に記憶力のいいひとではなく、その知恵を時代に適合した形で応用する術を編み出す力のあるひとのことです。

私には、今の学校教育は若い人を点数の犠牲にしているように思えてなりません。やり方によっては、そのひとの持っている人間らしさや個性を殺して、まるでひとの鋳型にはめて人間のタイ焼きを作り出しているようで憤りすらおぼえます。

たとえば、コンピュータをやりたいひとにとっては、数学の成績が百点に近いものでなければならないでしょう。しかし、美術の方をやりたいというひとには、何故に、高等数学が必要なのでしょうか・・・?不得意な数学まで百点をとらなければ専門の学校に入れないとしたら、真の芸術家を失う結果になってしまう。

私は、およそ子供の勉強に不熱心な親に育てられました。いってみれば、放ったらかしで育ったようなものですが、学校の勉強にはうるさくいわなかった親も、こと人間教育に関しては大変に厳しかったものです。


これから社会に出る若い人にいいたいのは、会社のためではなく、自分のために働く人間になってもらいたいということです。会社が大事で入社したのではなく、自分の得意を活用するために入社したはずです。顔かたちがそれぞれ違うように、自分の個性を生かした生き方をしてもらいたい。

社会では、未経験からくる失敗も多いことでしょう。かくいう私もその例外ではなく、失敗の連続でした。が、失敗のないところに成功はありません。若いときの失敗は、やり直しがきき、そのたびに自分の血と肉になっていくものです。

自分の考えを自分の手で実現できるのも、若さの特権です。ことに、人生というマラソンは長い。わずか数年の学校生活の結果で決まるはずがない。どうしたって、八十年というロングスパンでものごとを考えるべきでしょう。

私は、世の中は、離陸に始まって着陸に終わる、たとえるならば、飛行機の人生だと思います。テイクオフといえば、華々しくて大勢のひとが見送りにも来てくれましょうが、上げ舵をとれば割合に楽なのです。

ところが、どんな立派なパイロットでも、着陸が悪かったらおしまいです。だから、私は、着陸だけは立派にして、「名パイロットだった」といわれるようにしてみたいと思っています。飛行中は、気流が少々悪く、ハッとしても、私はいいと思うんです。それが、生きている人間の常なのですから・・・。

私が、これまでこうしてやってこれたのも、つまるところ世の中の人達が支えて下さったからです。したがって、私にとっての見事な着陸とは、私が今まで積み立ててきた技術とか経験とかいうようなものを、そっくり皆さんにおかえしすることだと思っている次第です。若い人は、これからがテイクオフです。自分の目標をもち、しっかりと操縦桿を握りしめ、上げ舵をとって下さい。

「ここ一番役立つ有名人・名スピーチ集」 より

スポンサーリンク

高田敏子

【成人式に於いて】

本日は成人式おめでとうございます。
そこできょうはみなさんに思い方の楽しさ、考え方の工夫というお話をしたいと思います。

私の母は、梨の実を「ナシ」とは決して言わず、「アリの実」と言っていました。「すり鉢」のことも「あたり鉢」といった具合で、母は縁起かつぎで、なんでもよい言い方をしないと気が済みませんでした。

私がうっかりお皿などを取り落として割ってしまったときも、「あなたはそそっかしい」と叱ったあと「まあしかたがない、数が増えたのだから縁起がよい」と言い直しました。
割れて破片になってしまったのを、数が増えたと言うのは少しおかしなこじつけですけれど、叱るのをやめてよいほうに言い直してくれることで、私はほっと救われる思いでした。毎日のなかのちょっとしたことにも、自分を元気づける、目覚めさせる、その思い方の工夫が大切なのではないでしょうか。

私の親しくしていただいている詩人、吉野弘さんは、<動詞 ”ぶつかる”>という詩を書かれていますが、それは、盲人の娘さんが、交換手の技術をマスターして仕事を持たれたのをテレビで見て、書かれたものです。

娘さんは毎日の通勤を一人でして、いろいろなものにぶつかりながら歩き「ぶつかるものがあると安心なのです」といわれました。娘さんは、ぶつかることによって、その一つ一つを確認しながら歩いてゆく、そのことについて吉野さんは、「ぶつかってくるすべてに自分を打ち当て、火打ち石のように爽やかに発火しながら歩いて行く彼女」と書かれています。

私たち目の見えるものは、ぶつかるものは邪魔ものとして、ぶつからないようによけて通ります。日常の生活ではそれが当然ですけれど、人生のうえでは、ぶつかることによって知ることがどんなに多いことでしょう。

じつはきのう、私の娘、クツのデザイナーをしている二女が、自分の仕事を一歩前進させて、お店を持とうと思うがどうかしら、と相談に来ました。それが成功するか、失敗に終るかどうか私にもわかりません。
私は吉野さんの詩を思い出して「ぶつかってみなければわからないわね」といいました。

ぶつかりながら知ってゆく、痛い思いをしながら学んでゆく、それがほんとうの意味で”する”ということなのでしょう。
毎日を生きてゆくうえでは、いろいろなことにぶつかってゆくわけですけれど、悲しいこと、苦しいことにぶつかったときも、それを不幸とばかり思うのではなく「これで一つ知ったのね」という思い方を持つことが、必要なのではないでしょうか。

「ここ一番役立つ有名人・名スピーチ集」 より

【page topへ】

大来佐武郎

【結婚式に於いて】

  あなたがたお二人は、この結婚式が終ると、すぐ日本を離れて外国で生活をなさることになっている・・・・。不慣れな土地での生活は何かと不安でしょうが、国際人として有意義な生活を送っていただきたいと願っております。

世間から国際人といわれている先輩としてアドバイスをさせていただきますと、それには、まず「平常心」を養うことが大切ではないかと思います。

これからの世界では外国人だ、日本人だという意識をしない人間関係・・国境や人種の違いにこだわらないで、つきあいができるように「平常心」をもって人に接する必要があります。今までの日本人によくありがちな、先進国だからといって見上げて、いわゆる後進国を見下すというような気持があってはいけません。

日本に来る外国人とのつきあいの上でも、ただ同じ人間同士としてつきあうことが必要です。単に外国だからという理由だけで、むやみに肩ヒジを張ってみたり、見上げたりする必要は少しもないのです。

どういう人とつきあっても同じ態度でつきあえる心。上の人でも下の人でも、若い人でも年寄りの人でも、外国人でも日本人でも、いつもと同じにつきあえる心・・これを平常心というのなら、その心が必要だと思うのです。このことは、結婚生活についても同じようなことがいえるのではないでしょうか。

知り合いの国際的なビジネスをやっている会社の社長に聞いた話だと、社員を外国に留学させると、およそ二つのタイプに分かれるそうです。
一つは外国に行って米の飯と味噌汁がないと元気が出ない。一種のノスタルジアになるというタイプと、もう一つは外国社会に融けこんでしまって、あまり日本のことも考えず、同化してしまうタイプだそうです。

本当は、その中間が欲しい。日本人であることを忘れずに、しかも国際的なセンスを身につける。外国人とも平らな気持でつきあえる。

口でいうと易しそうだが、これでなかなか難しいようです。その社長さんも、留学もある程度必要だが、日本の会社になるべく外国人を働かせ、日本人の上にも下にも外国人がいるというようなやり方で、国際的な人材を作る努力をしていると話しております。

日本はどうしても島国ということで、長い間、直接、外国との接触がなかった。外国人と接するのは外交官とか、ビジネスで外国の仕事をやっている人とか、ごく限られた一部の人たちでした。一般の方々はまだ少ないようです。しかし、考えてみると、昨年一年間で四百万人近い日本人が外国に出ています。二十年前には二万人だったことを考えますと、これからますます他国と接触する機会がふえて行くでしょう。

資源のない国日本は、食べ物も燃料も外国から入れ、日本人の活動とか生活は維持されているわけです。そういう原料や食糧には外国のレッテルは貼られていませんが、われわれの日常生活自体が、海外と非常に密接につながっているわけです。

なんだか話が、私のいままでやってきた関係の話題ばかりで、いささか説教めいてしまいましたが、若いあなたがたは、これからどこにあっても平常心の心構えで、国際人にふさわしい幸せな家庭を築いていただきたいと思います。

「ここ一番役立つ有名人・名スピーチ集」 より

【page topへ】

スポンサーリンク

宗次郎

【第3回知床リレーフォーラムに於いて】

世界遺産登録おめでとうございます。
12年ほど前、釧路湿原のラムサール条約登録記念イベントが釧路で開かれました。そのとき、一緒だった作家の立松和平さんに誘われ、斜里町の公民館で演奏しました。

帰宅した翌週、水をテーマとしたアルバムのジャケット写真を、きれいな川のある知床で撮影しようと再び訪れたのです。こんなことがきっかけで、知床に何回も通うようになり、地元の人の協力で、森の中に自分たちの山小屋も作りました。

6月に久しぶりに知床五湖を訪れ、団体客が多い印象を受けました。少人数だと怖さもありますが、静かな感動が味わえます。以前、少人数で森を歩いていて、突然フクロウが鳴きました。森の主だといわんばかりの荘厳な響きに、一声でその場の空気が変わったのです。
自分だけのお気に入りの場所を見つけるのもいいですね。知床はそれが可能・・・。

僕が好きな散策コースは、知床自然センター近くにあります。海からの風が吹く場所ですが、風が止まった一瞬は静寂の世界。厳しい自然の中に、ひとりぽつんといる孤独感と同時に、自然に身をゆだねている安堵(あんど)感があります。

夏、あれは天の川だ、などと話しながら夜空を眺めたこともありました。空気がいいから夜空もきれい。秋には、知床峠に向かう道路から、ナナカマドの赤色と白樺(しらかば)などの黄色のコントラストに感動しました。

知床は、上から下まで本当にいい場所です。冬も美しいですね。網走からウトロに向かうと、オホーツク海、真っ白な知床連山の景色が豪快で、地球に暮らしていると感じます。


昨年、世界遺産に登録されるかもしれないので知床の曲を作ってほしいと言われ、たまたま自宅で浮かんだメロディーが、知床連山の豪快な景色に合っているなと思って作曲しました。そのレコーディング中、大自然はもちろん、お世話になった知床の人の笑顔がたくさん出てきました。

アイヌ語でありがとうを意味する言葉に「イアイライケレ」があります。この言葉は、人に対してだけでなく、自然に対して発した言葉じゃないかと思ういい響き。森の神様への祈りの言葉のような気がしてきます。

知床の今後を考えるとき、自然に感謝しながら暮らしてきたアイヌの皆さんの考え方が、手本になるのではないでしょうか。それは、知床に限らず、日本全国について言えることだと思います。

「知床特派員 リレーフォーラム」 より

【page topへ】

スポンサーリンク

セヴァン・スズキ

【環境サミットに於いて】
(リオの伝説のスピーチ)

こんにちは、セヴァン・スズキです。エコを代表してお話しします。エコというのは、子供環境運動(エンヴァイロンメンタル・チルドレンズ・オーガニゼェーション)の略です。カナダの12歳から13歳の子どもたちの集まりで、今の世界を変えるためにがんばっています。あなたがた大人たちにも、ぜひ生き方をかえていただくようお願いするために、自分たちで費用をためて、カナダからブラジルまで1万キロの旅をして来ました。

今日の私の話には、ウラもオモテもありません。なぜって、私が環境運動をしているのは、私自身の未来のため。自分の未来を失うことは、選挙で負けたり、株で損したりするのとはわけがちがうんですから。
私がここに立って話をしているのは、未来に生きる子どもたちのためです。世界中の飢えに苦しむ子どもたちのためです。そして、もう行くところもなく、死に絶えようとしている無数の動物たちのためです。

太陽のもとにでるのが、私はこわい。オゾン層に穴があいたから。呼吸をすることさえこわい。空気にどんな毒が入っているかもしれないから。父とよくバンクーバーで釣りをしたものです。数年前に、体中ガンでおかされた魚に出会うまで。そして今、動物や植物たちが毎日のように絶滅していくのを、私たちは耳にします。それらは、もう永遠にもどってはこないんです。


私の世代には、夢があります。いつか野生の動物たちの群れや、たくさんの鳥や蝶が舞うジャングルを見ることです。でも、私の子どもたちの世代は、もうそんな夢をもつこともできなくなるのではないか?あなたがたは、私ぐらいの年の時に、そんなことを心配したことがありますか。

こんな大変なことが、ものすごいいきおいで起こっているのに、私たち人間ときたら、まるでまだまだ余裕があるようなのんきな顔をしています。まだ子どもの私には、この危機を救うのに何をしたらいいのかはっきりわかりません。でも、あなたがた大人にも知ってほしいんです。あなたがたもよい解決法なんてもっていないっていうことを。オゾン層にあいた穴をどうやってふさぐのか、あなたは知らないでしょう

死んだ川にどうやってサケを呼びもどすのか、あなたは知らないでしょう。絶滅した動物をどうやって生きかえらせるのか、あなたは知らないでしょう。そして、今や砂漠となってしまった場所にどうやって森をよみがえらせるのかあなたは知らないでしょう。
どうやって直すのかわからないものを、こわしつづけるのはもうやめてください。

ここでは、あなたがたは政府とか企業とか団体とかの代表でしょう。あるいは、報道関係者か政治家かもしれない。でもほんとうは、あなたがたもだれかの母親であり、父親であり、姉妹であり、兄弟であり、おばであり、おじなんです。そしてあなたがたのだれもが、だれかの子どもなんです。

私はまだ子どもですが、ここにいる私たちみんなが同じ大きな家族の一員であることを知っています。そうです50億以上の人間からなる大家族。いいえ、実は3千万種類の生物からなる大家族です。国境や各国の政府がどんなに私たちを分けへだてようとしても、このことは変えようがありません。私は子どもですが、みんながこの大家族の一員であり、ひとつの目標に向けて心をひとつにして行動しなければならないことを知っています。私は怒っています。でも、自分を見失ってはいません。私は恐い。でも、自分の気持ちを世界中に伝えることを、私は恐れません。


私の国でのむだ使いはたいへんなものです。買っては捨て、また買っては捨てています。それでも物を浪費しつづける北の国々は、南の国々と富を分かちあおうとはしません。物がありあまっているのに、私たちは自分の富を、そのほんの少しでも手ばなすのがこわいんです。カナダの私たちは十分な食物と水と住まいを持つめぐまれた生活をしています。時計、自転車、コンピューター、テレビ、私たちの持っているものを数えあげたら何日もかかることでしょう。

2日前ここブラジルで、家のないストリートチルドレンと出会い、私たちはショックを受けました。ひとりの子どもが私たちにこう言いました。
「ぼくが金持ちだったらなぁ。もしそうなら、家のない子すべてに、食べ物と、着る物と、薬と、住む場所と、やさしさと愛情をあげるのに。」
家もなにもないひとりの子どもが、分かちあうことを考えているというのに、すべてを持っている私たちがこんなに欲が深いのは、いったいどうしてなんでしょう。

これらのめぐまれない子どもたちが、私と同じぐらいの年だということが、私の頭をはなれません。どこに生れついたかによって、こんなにも人生がちがってしまう。私がリオの貧民窟に住む子どものひとりだったかもしれないんです。ソマリアの飢えた子どもだったかも、中東の戦争で犠牲になるか、インドでこじきをしてたかもしれないんです。


もし戦争のために使われているお金をぜんぶ、貧しさと環境問題を解決するために使えばこの地球はすばらしい星になるでしょう。私はまだ子どもだけどこのことを知っています。学校で、いや、幼稚園でさえ、あなたがた大人は私たちに、世のなかでどうふるまうかを教えてくれます。たとえば、

* 争いをしないこと
* 話しあいで解決すること
* 他人を尊重すること
* ちらかしたら自分でかたずけること
* ほかの生き物をむやみに傷つけないこと
* 分かちあうこと
* そして欲ばらないこと

ならばなぜ、あなたがたは、私たちにするなということをしているんですか。

なぜあなたがたがこうした会議に出席しているのか、どうか忘れないでください。そしていったい誰のためにやっているのか。それはあなたがたの子ども、つまり私たちのためです。あなたがたはこうした会議で、私たちがどんな世界に育ち生きていくのかを決めているんです。

親たちはよく「だいじょうぶ。すべてうまくいくよ」といって子供たちをなぐさめるものです。あるいは、「できるだけのことはしてるから」とか、「この世の終わりじゃあるまいし」とか。しかし大人たちはもうこんななぐさめの言葉さえ使うことができなくなっているようです。お聞きしますが、私たち子どもの未来を真剣に考えたことがありますか。

父はいつも私に不言実行、つまり、なにをいうかではなく、なにをするかでその人の値うちが決まる、といいます。しかしあなたがた大人がやっていることのせいで、私たちは泣いています。あなたがたはいつも私たちを愛しているといいます。しかし、私はいわせてもらいたい。もしそのことばが本当なら、どうか、本当だということを行動でしめしてください。

最後まで私の話をきいてくださってありがとうございました。

「ナマケモノ倶楽部(翻訳)」 より

【page topへ】



Profile

● SEIWA話し方教室 主宰
● 川上一郎
● 埼玉県在住
会社概要