スピーチ その作成法と実例集

人前での話し方 あがり症 心の交流 学びの場


スピーチの基本
【Ⅰ】

スポンサードリンク


話し方の作法

本来人前で話をするとき、どんな話し方をしてもかまいません。自由自在です。
ですが、ほとんどの人は話すことに慣れていないので、人前に立つだけで不安になります。そこで私たちの教室では一つの型から入っています。慣れるまでは全員同じ型です。それを話し方の作法とよんでいます。

毎回 々同じ型から話しを始めますので、繰り返しの効果で不安の解消に大変役にたっています。
そのうえ見た目にとてもいいのです。話し方にゆとりと美しさが出ます。
それをレッスンしてみましょう。

【Ⅰ】 人前での話し方の作法

※ 通常の場合

■ おじぎの仕方
  ・ みなさま(ん) おはようございます。
(声をかけてからおじぎをしたほうが、場がひきしまります)
  ・ おじぎ
(挨拶のあとにおじぎをします。おじぎは45°でします。手の位置は腰と膝のまん中くらい)
  ・ ○○○○です。 (頭を上げてから名前を言う)

■ 手の置き場
  ・ おじぎの後、手は自然に前の方に重ねておきます。

※ スタンドマイクの前で話す場合

■ おじぎの仕方
  ・ 初めに少し後方からおじぎをします。
  ・ マイクに近づき みなさま(ん)おはようございます。
  ・ ○○○○です。

人前では挨拶と同時に頭を下げるより、ひとつひとつを切り離して行ったほうが落ち着いて見えます。そして挨拶、おじぎ、名前の動作のあいだに間があれば聞き手にいい感じを与えます。

【Ⅱ】 人前での話し方の基本的な型

■ サンドイッチ方式
  ・ みなさま(ん) こんにちは。(おじぎ)○○○○です。
  ・ 何々についてお話します。
  ・ 話の内容
  ・ 何々についてお話しました。
  ・ ○○○○でした。(ありがとうございました)

挨拶、名前を話の始めと終わりではさみます。


繰り返しますが話し方は本来自由です。でも苦手な人にとってはこうした型から入ったほうがとても楽です。

多くの人が話し慣れないために(どう話し始めるか)(どう話をまとめるか)(どう話を終わらせたらいいか)がわからなくて立ち往生してしまいます。
基本が大切です。基本を繰り返し練習すればなんとかなるものです。

【page topへ】

スピーチの作成法

§ 下準備

① 話題をきめる
* 何のために話すのか(目的) * 誰に話すのか(聞き手)

② 内容 (思いついたこと、話したいこと)を箇条書きでメモる。


§ まとめる

③ 自分が何を一番言いたいのか(主題)をきめる
* 主題は一つにする(エピソードなど話題によっては、主題はなくてもいい)

④ 内容を選択しあらすじを作る

⑤ 声に出して話してみる

⑥ まとめる (要点をメモる)

【例】

① 話題をきめる 【息子とサーカスへ行った時の話】

② 内容をメモる

1 月曜日に学校が代休になった。
2 友達は動物園へ、どっちにしよう。
3 大宮の大サーカスへ行った。
4 自由席券で入った。
5 自由席の状況。
6 動物やブランコなどの見ずらさ。
7 指定席は900円

③ 主題をきめる (この話で何が一番言いたいのか)

④ 内容を選択しあらすじを作る

2 の友達は動物園へ行くので迷ったはカット。
話す順番も工夫してみる (話のモンタージュ)

⑤ 声に出して話してみる

⑥ まとめる(要点をメモる)



みなさま おはようございます。○○○○です。
きょうは、わずかばかりのお金をケチったばかりに損をした話をします。

この前の土曜日が小学三年の息子の参観日でしたので、今週の月曜日が代休になったんですね。久しぶりに息子と二人で休みを楽しもうと大宮の木下大サーカスへ行ったんです。

大きなテント張りのサーカスでした。平日でしたのでお客も少なく、ゆっくり楽しめると期待したんですが・・・。
自由席で見たんですね。自由席は横と後ろの場所で、たくさんのテントの柱でかなり見にくかったんです。映画館なんかの自由席とはぜんぜん違うんです。

指定席は正面でいいんですね。指定席も空いていたんです。動物のショーにしても、ブランコなんかのショーにしてもすばらしかったんですけど、なんかこう見ずらくて、せっかくの楽しみだったのに少々がっかりしたんです。

指定席券は九百円でしたのに、わずかばかりのお金をケチったばかりに損をしたなと思いました。○○○○でした。

スポンサーリンク

【page topへ】

主題を決める

スピーチで最も大切なのは、自分が何を一番言いたいのかを決めることです

自分が何を言いたいのか曖昧でスピーチしますと、聞く方では「この人何を言いたいのか知ら?」となり、せっかくのスピーチが台無しになります。
(主題とは主要主旨と考えて下さい)

■ 話題が決まり、スピーチの内容がだいたい固まってきたら、自分の一番言いたいことを見つけます。(主題の誕生)

■ 主題は20文字前後にまとめます。 (感覚的なものですから、漢字は一文字で数えてかまいません。ひと口で述べられるフレーズが述べやすく、伝えやすいのです)

■ 主題のないスピーチもあります。(思い出、エピソードなど)
その場合でも、話す内容にあわせた題をつけてスピーチした方が聞く人に親切です。(例  私のふるさとについて話をします)


§ 主題の使い方

* サンドイッチ方式  基本的には、話の始めと終わりに主題を入れます。
(聞き手に自分の言いたいことをしっかりと伝えるためです)
【例 】 息子とサーカスへ行った時の話を参考にしてください

* 話の展開の中で使う 結婚式のスピーチや、あいさつなどの場合、話の中心で使います。


§ 主題のあるなし

たとえて言いますと、主題は船頭で話題が船のようなものです。
船頭のいない船は、流れに乗って行き先がわからなくなったり、同じ所を回ったりしているだけになります。主題があって(あるいは意識して)初めて話の目的と方向がはっきりとしてまとまりのある話になります。

【このページは弊社サイト『話し方といい会話講座』より転載しています】


【page topへ】